『プリズム』




解離性同一性障害で、いくつもの人格を持つ男性。

その交代人格の一人と恋をしてしまうというストーリーが切なすぎて

今日読んだ後、少ししんどくなってしまいました

それだけ、引き込む力を持つ小説だったなぁと思います

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 香りの輪diary all rights reserved.

プロフィール

香輪(カオリン)

Author:香輪(カオリン)
料理、スイーツ、本、アロマテラピー、夫婦のことなど日常のあれこれを気ままに綴っています。

ブロとも申請フォーム

検索フォーム