機嫌良く過ごす為には…



書道家の武田双雲さんって、こんな本も書いてらしたのね
と、興味を持って読んでみました。


私達日本人は、便利で快適な生活が当たり前になっていて
それ故、少しでも不手際があると、不満を感じやすく
嫌な気分になりやすい土壌を持ってしまってる。

企業へのクレームも、年々増えていて
各企業にとって、深刻な問題になっているのだとか。


例えば私も、セルフサービスでないカフェに行って
紅茶にフレッシュが付いてきたら「あり得ん」とか思ってしまいます

ミルクティーにはミルクでしょ、って
クレームはつけないけど。

ほんの数百円出せば
明るく清潔なお店で、温かい紅茶をサーブしてもらえること。

ゆっくりお茶を飲む時間を持てること。

それだけで本当はすごいことなのに

「嫌なこと」に焦点がいってしまってる。

すごくもったいないですよね…。


機嫌良く生きる工夫としては

まず、自分が嫌な気分になると分かっている環境を、極力避ける道を選ぶこと。

私は、紅茶にフレッシュを付けるお店には、入らなければいいわけですね。


それから、口ぐせを変えるといいんですって。

「あぁ幸せ♡」

と口に出して言うようにすれば
おのずと感情も引っ張られるらしい。


それにしても

こんなにサービスが行き届いて便利に暮らせる国で
不機嫌な人が多いって、、、摩訶不思議ですね

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 香りの輪diary all rights reserved.

プロフィール

香輪(カオリン)

Author:香輪(カオリン)
料理、スイーツ、本、アロマテラピー、夫婦のことなど日常のあれこれを気ままに綴っています。

ブロとも申請フォーム

検索フォーム