心屋仁之助先生講演会2

その言葉というのは
自分に許してない事を「○○してもいい」
と許可を出すものが多く、例えば
親孝行しなくてもいい
時間に遅れてもいい
夫の稼いだお金で遊んでもいい
etc...

「これだけはやっちゃいけない」と思ってる事に
実は、その人の幸せの鍵が隠されていて
そこを許す事で楽になれる

、、、という話やったと思います。たぶん。

浮気してもいい
ていうか、もうしてるし


、、、なんてのもありましたね~。

他にも
劣等感に関する事
私ダメなやつなんです
私本当は腹黒いんです


子供の頃本当は言いたかった事
お母さん、こっち向いて
ぶたないで


本当は言われたかった事
がんばったね

等々。

どの言葉が、自分にとって鍵になるのか?
実際に口に出す事によって「身体が教えてくれる」んだそうです。
言葉に詰まって、言えなくなったり
なんだか妙な笑いがこみあげてきたり
涙が出てきたり

私にも、いくつかありました。
その言葉を口にするだけで、あら不思議。
勝手に涙が溢れてくるのです。
(つづく)

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 香りの輪diary all rights reserved.

プロフィール

香輪(カオリン)

Author:香輪(カオリン)
料理、スイーツ、本、アロマテラピー、夫婦のことなど日常のあれこれを気ままに綴っています。

ブロとも申請フォーム

検索フォーム