うえばあちゃん

私の実家は商売をしていて
住まいから徒歩3分の所に店があり
その店の2階には、祖母が住んでいた。

物心ついた頃にはもう祖父はいなくて
祖母ひとりだった。

私と2つ下の妹は、いつも学校から
ランドセルをしょって祖母のところに直行し

そこで宿題をしたり、祖母の作った夕食を食べてから
家に帰っていた。


両親は仕事で忙しく
私達姉妹にとって、半分親代わりのようだった祖母。

私と妹は、祖母のことを「うえばあちゃん」と呼んでいた。

祖母の名前は、「うえ」ではない。

ある時、不思議に思って
「おばあちゃんは何で、うえばあちゃんなが?」
と訊いたら

私がとても小さい頃
階段の下から、2階にいる祖母をじっと見て

「うえばあちゃん」

と言ったのだそうだ。

いつも上にいるおばあちゃん。
全く記憶にないが、小さい私はそう認識したらしい。

そして妹も私を真似て「うえばあちゃん」と呼ぶようになったらしい。


高校卒業して地元を離れてからは
帰省の度に、階段の下から「おばあちゃ~ん」と呼んで
祖母のところに立ち寄って、いろんな話をした。

段々耳が遠くなり、大きな声で呼んでも
気付かないことも多くなってたけれど。

それでも会いに行くといつも、嬉しそうに話をしてくれた。


祖母が亡くなって4ヶ月。

大きな声で、階段の下から呼んでも
うえばあちゃんは、もういない。

淋しいけど
91歳の老衰、大往生なので、おめでたいことなのかもしれない。

今頃、天国で安らかにしているんだろうか。


いつも2階の窓のそばの椅子に腰かけて
外を行き交う人を眺めていた祖母。

最期を看取っていなくて実感がない分、余計に
祖母が今も2階の窓から、外を眺めているような気がしてしょうがない。







ロシア料理

帰省旅行の仕上げに
神戸の『バラライカ』で食事しました。




ここのピロシキとボルシチ、すごく美味しいです






食後は、薔薇と苺のジャムを入れたロシアンティー


ご馳走様でした


しかし今回の帰省は、ホンマによく食べました~。

ちょっと粗食にせねば…。

帰路

オットの故郷と私の故郷、両方巡り
昨夜、家に帰って来ました。

昨日は雨で、途中霧がすごかったこともあって
ぜんぶオットに運転してもらいました。


帰りは大鳴門橋を渡り、淡路島経由で

雨だと、橋が見えにくいですね








それぞれの田舎での
親きょうだいの歓迎ぶりに感謝しつつも

自分の住む家に帰って来ると

「やっぱり家がいいなぁ~」

と言ってしまう、私とオットなのでした。

故郷でひといき




春に亡くなった祖母の初盆法要も終わり
ホッと一息。




一応、私達を歓迎してくれてる風のワンコです。

四国へ

広島のオットの実家を後にし
しまなみ海道を通って、四国へ渡りました。







ランチは、来島海峡大橋を眺めながら



「焼き豚たまご飯」をいただき。



これから自分の田舎なのですが

ちょっと疲れてしまって
正直もう家(いつも自分が住んでる方)に帰りたいです…。

広島へ向かってます

今日から、4泊5日の帰省旅行です

まずは、広島のオットの実家で1泊。

その後、高知の私の実家で3泊。

え?不公平!?



途中休憩中。

終わらない夏



立秋を過ぎても続く猛暑

今日も暑~い


世間は、お盆休みに入った方も多いようですね。

私の職場はお盆休みがないので、今日も出勤です

帰省の為、明後日から連休もらってますが。

いつもより電車が空いてて、嬉しい

コーヒー+あんこ♡

おはぎのサザエ本店で、カフェタイム

ここは、落ち着くから好きです。



いろんな種類の和スイーツが少しずつ食べられる「わらべ」を頼みました。

ぜいたく
和風アフタヌーンティーセットですね


「珈琲ぜんざい」というのも、なかなか美味でした


コーヒーとあんこって、意外に合うんですよね~。



違う店のハナシですが

和食の『さと』で以前
「コーヒーゼリー善哉」というデザートがあって
大好きだったんですが…

いつの間にかメニューから、なくなってました

不人気だったのかな


みんな、コーヒーとあんこの相性の良さに気付いて

幸せな死とは



若いお医者さんが「命の終わり」の現実について書いた本です。


~ 自分が死ぬ時には、それを自覚することが出来ないし
思い出せないし、誰にも伝えられない。
SNSにアップすることも出来ない。

「死」というのは常に自分以外の誰かのものであり
言い換えれば「あなたは死なない」。~


ざっくりですが。

この部分を読んで、ちょっと目からウロコでした。

確かに「ご臨終です」の後

「三途の川なう」

とか、ツイッターでつぶやくことは出来ないですよね~。


「幸せな死」とは、自分の幸せではなく
自分の大切な人にとっての幸せ

「死」は、自分のものではないのですね。



後悔しないように、ではなく

「いつ死んでも後悔するように生きる」

にも、共感。


ベランダから花火鑑賞

昨日は、宝塚花火大会でした

今のマンションに越して来てから毎年
ひとりベランダで花火を観るのが、パターンになっています。

平日なんで
オットは大概、仕事からまだ帰ってないんですね。


同じく花火を観ているらしい
隣人の子供の歓声を聞きながら

私はひとり、スマホをパシャパシャ




最後の
バババババーン
のとこでオットが帰って来て

今年は、クライマックスだけ一緒に観れました。

copyright (c) 香りの輪diary all rights reserved.

プロフィール

香輪(カオリン)

Author:香輪(カオリン)
料理、スイーツ、本、アロマテラピー、夫婦のことなど日常のあれこれを気ままに綴っています。

ブロとも申請フォーム

検索フォーム